• Lei

episode:1

更新日:8月30日



自己紹介


初めまして!シンガーソングライターを目指し模索、精進している『Lei』と言います。


このブログが、音楽に限らず同じように

「自分の夢だったり、進むべき道のためにがんばってる人や記事を読んでくれた人の、何か、応援になれたらいいなぁー」そんな気持ちのもと、スタートさせました。


どうか、お付き合い頂けると幸いです。




みなさん、夢がありますか?


小学校の時の私には大きな大きな夢がありました。

それは女優になること。


小学校高学年生のあるとき、とあるドラマの再放送をみて、とても楽しそうなその世界観に『わたしも、あんなお話の中の役になってみたい。演じるって楽しそう!』


これが私の夢へのスタートでした。


夢への第一歩として、幾度とオーディションを受けてきました。

けれど、大手の事務所へ履歴書を送っても返事はなく”

(そんな簡単にうまくはいかないですよね笑)


その頃の幼かった私は『 なけなしの自尊心』を失うのを恐れて、オーディションを受けるのを辞めてしまったんです。


今、その頃の私に言ってやりたい!!


「たかだか数回落ちただけで手放せる夢じゃないでしょ!数えきれないほど恥ずかしい思いや悔しい思い。今のうちにたくさん挫折して強くなれ!!!!」てね(笑っ)


それでも!


その時は諦めるなんて選択肢はなくて『絶対に女優になれる』という妙な自信だけは輝くほどにありました。

純粋って時に恐ろしいですよね?(笑っ)


そんなわたしは、 休みの日は、ほとんど一日中借りてきたDVDを見て演技のインプットをしたり、印象に残った場面や俳優さんの演技を自分がその役になって演じてみたり。。。 商売道具である『顔』をもっともっと、芸能人に近づけるよう小顔マッサージなんかしたりしてました。(笑っ)

女優になる夢を胸に抱いて、わたしは地元の中学へと進みました。 あの頃のわたしには、視野が狭すぎた! “大きな事務所に入ること” ”コンテストで賞を取れるほどの容姿” なんて、 テレビや世間一般論、身近な人の言葉を鵜呑みにして、 所謂「the 女優道」を信じて疑いもしなかったです。 本当は、もっともっと沢山のいろいろな道があったのに。 見ようとしなかったなぁ。 探そうとしなかったなぁ。 少し後悔💧 自分の中の「the 女優道」通りにうまく行かない日々は自分自身へフラストレーションを物凄く溜めていきました。 今のわたしが当時を振り返ると「すごく自尊心が低い臆病者だったんだな」なんて思うんです(笑っ) そして、常に「こうでなきゃいけない」「こうならなくてはっ!」という気持ちを持っていて、ずっと脅迫概念に晒されていたんだなぁと思います。 それは、とっても苦しくて、苦しくて。生きている意味ですら、そこにしか感じることができなかったから。


あれから、十何年の月日が経ってまだまだ「自尊心」はガラスみたいだし時にヒビが入り、その修復をしての繰り返しです。 それでもね、様々な人に出会い、体験させてもらって、学ばせてもらって、以前よりも俯瞰して物事を見れるように少しずつ少しずつ変わっていけている気がします。 そんな自分はやっぱり、自分が描く夢は誰になんと言われようと、たとえ粉々に壊されたってきっと心の奥底では諦められない!って気づいちゃったのでこれからも進んでいこうと思います。 ここまで読んでいただいた皆さんなら、なんで”女優”? 最初に、”シンガーソングライター目指してる”って言ってたじゃんっ!!そう疑問に思われたと思います。 安心してください!その疑問はまた次のお話で♪

次回は中学校でどんな出来事が訪れたのか。 そして、与えられる試練。 そんな中で、新しく出会う夢のお話をお届けしたいと思います! ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました! 次回もまた、お会いしましょう♪



21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

episode:3